燻製づくり

015.png
DSC00566.jpg
DSC00590.jpg

奥飛騨から最も近く、新鮮な魚をそのまま運ぶことができる富山湾。
また、富山湾は神秘の海と呼ばれるほど。
藍瓶(あいがめ)と呼ばれる16もの海底谷があり、
能登半島で囲まれ北東方向に口を開けたような形状は
日本海の「天然の生簀」と呼ばれています。
燻製工房奥飛騨の魚は富山湾で採れた新鮮な魚を使用しています。

富山湾の

008.png
DSC00571.jpg

燻製づくりにおいて最も大切なのが温度と湿度。
夏場に安定した温度を保つことができる奥飛騨の地は
燻製づくりに適しています。
また、透き通る川の水があるこの奥飛騨は、
燻製づくりにかかせない原料が、自然に自然で揃っています。
そんな奥飛騨の自然を活かし、
燻製工房奥飛騨の燻製はより美味しさを追求しています。

DSC00587.jpg
DSC00602.jpg
DSC00607.jpg

燻製工房奥飛騨では、魚の仕入れから、解体、下処理、燻製まで、
全ての工程を人の手作業で行っています。
燻製づくりに20年以上情熱をささげた職人が一匹一匹を丁寧につくっています。
なので、あまり多くをつくる事はできませんが、
「新鮮な魚と自然を活かしどう燻すか。」を常に探究しています。

奥飛騨の

009.png

作り手の

010.png